意外と知らないがん保険の豆知識

がん保険の選びに迷ったら・・・

保険会社が販売している商品のひとつにがん保険がありますが、がん保険に加入する際にはがん保険の選び方の基礎知識について知っておくことが大切であるといえます。がん保険の選び方の基礎知識のひとつとして、保険会社によって主契約の保障内容や付加できる特約の保障内容に違いがある点があります。一般的に多いがん保険は、がんで入院した場合には入院給付金を入院した日数分受け取る事ができたり、がんで手術を受けた場合には手術給付金を受け取ることができたり、がんで死亡した際に死亡保険金が支払われたりします。
                                                                                      

他にもがん保険によっては、医師からがんと診断された場合に診断給付金を受け取れたり、がんで通院治療を受けた場合に通院給付金を受けとれたり、放射線治療や抗がん剤治療を受けた場合に一時金を受け取れたりなど様々ながん保険が販売されているので、保険会社ごとにそれぞれのがん保険の保障内容を比較して自分にとって必要な保障内容のがん保険に加入することが大切です。またがん保険の選び方の基礎知識のひとつに、がん保険によって保障の開始時期が違う点があります。一般的に多いがん保険は加入してから90日間の待ち期間があり保障の対象とならない商品が多いですが、待ち期間がなく加入した時点で入院給付金や手術給付金の支払い対象となるがん保険を販売している保険会社もあるので、がん保険に加入する際は保障が開始される時期についてもよく確認して加入することが大切であるといえます。