意外と知らないがん保険の豆知識

間違いないがん保険の選び方・その1は「日帰り入院と通院の保障を重視せよ」です。がん治療の医療技術水準は日進月歩で進歩しています。このためたとえがん切除の手術でもその日の内に帰宅できる日帰り入院となり、手術後の対応は通院でとなるケースが確実に増えてきています。がん切除手術は長期入院が当たり前と思って入院保障重視でがん保険を選ぶと後悔の種となる可能性がありますので十分に注意しましょう。間違いないがん保険の選び方・その2は「高度先進医療保障を重視せよ」です。医療保険の広告などでよく見聞きする高度先進医療とは、登場から日が浅くまだ十分な臨床データが集まっていないなどの理由で厚生労働省が保険適用を認めていない新しい医療法のことです。
ビジネス10                                                                                           

厚生労働省のデータによると、平成18年の高度先進医療費約37億円の内、がん治療に関するものが32億円(約86%)を占めていました。実際にがん治療に用いられる高度先進医療である重粒子線治療や陽子線治療は保険適用外のため高額な自己負担が必要になります。つまり、高度先進医療の保障はがん保険にこそ必要不可欠なものなのです。間違いないがん保険の選び方・その3は「女性は女性専用のがん保険を選べ」です。女性には乳がんや子宮がんなど女性特有のがんのリスクがあります。女性専用のがん保険であればそれらのリスクに対してきめ細かい対応が可能になります。いずれにせよがん保険選びは、常に最新情報を元に検討するようにしましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。