意外と知らないがん保険の豆知識

日本人の三人に一人はがんに罹ると言われています。がんにかからないようにするには、普段の食生活や規則正しい生活を送ることが大切です。また半年に一回は人間ドッグで検査をして早期発見をすることも大切です。しかし、それでもがんの恐怖から逃れることはできません。私たちのできることは、がんに罹った時の対応策をしっかり立てておくことなのです。そのためには、がん保険に加入するのが一番有効なのです。がん保険というのは、がんになった時に保険金を受け取れる保険のことです。なぜがん専用の保険があるかというと、がんの治療費は非常に高額だからなのです。
                                                                                           

がん保険の選び方に必要な事は、どのようながんに適用されるのかということです。がん保険の中には、上皮内がんと悪性黒色腫以外の皮膚がんは対象にならない保険もあるので注意が必要です。また、がん保険には終身保険と定期保険の二つのタイプがあるので、どちらにするかもがん保険の選び方に必要な事なのです。終身保険というのは保険契約が永久に続く保険で、加入時から一生涯保険料が変わらないのが特徴です。定期保険というのは、保険契約が5年とか10年とか一定の期間で終わってしまう保険です。終身保険に比べると、若い内の保険料は割安ですが、契約期間が終わって再度加入する時には高くなっているのです。また、がん保険の選び方に必要な事としては、いろいろな会社のがん保険を比較することがとても大切なのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。