意外と知らないがん保険の豆知識

がん保険には様々な種類があり、保険料を受け取れる条件や回数は保険商品によって異なります。では、がん保険の選び方の重要ポイントとはどのようなものでしょうか。まず第一に、全てのがんに対応しているものを選ぶということです。がん保険の保障内容によっては、悪性新生物のみの保障で、上皮内新生物は保障されない保険もあります。初期がんである上皮内新生物であっても、がんには変わりありませんので、全てのがんが保障の対象になっているものを選ぶ方が良いと言えます。2つ目のがん保険の選び方の重要ポイントは、先進医療に対応しているものに加入するということです。先進医療の技術料には健康保険は適用されず、全額自己負担になります。
ビジネス女性02                                                                                         

治療によっては、かなり高額になる場合があるので、がん保険で備えておくと安心です。3つ目は、がん診断給付金が何度も受け取れるものを選ぶことです。初めてがんと診断された場合のみ保険料が支給されるものだと、がんの再発や転移といったリスクには対応できないので、がん診断給付金が何度も受け取れるものを選ぶ方が良いのです。さらに、退院や通院時の保障があるというのも、がん保険の選び方の重要ポイントです。なぜなら、がんは退院後の通院治療もながくなりがちだからです。そのため、通院時の保障や退院給付金などの保障内容も重要になってくるのです。このように、同じがん保険といっても、どのような保障をつけるかで、かなり保障内容が異なってきます。がんと診断されたときに困らないためにも、これらのポイントをおさえた万全のがん保険に加入したいものです。

コメント

コメントを受け付けておりません。